地域生産者シリーズ: ウェリントン ポイント ファーム

更新日  
Regional Producers Series: Wellington Point Farm

ウェリントン ポイント ファーム


2001 年の開設以来、シロメにイチゴを供給しているウェリントン ポイント農園は、シロメ ワイナリーからわずか 12 km の場所にあり、24 エーカーのオリジナルの農地で運営されており、有名なイチゴを含むさまざまな季節の果物や野菜を生産しています。

ウェリントン ポイント ファーム

レッドランズの独特の火山性赤土と微気候がウェリントン ポイント農場の成功の核心です。 5 種類の品種と 24,000 本のイチゴのほか、豊富なトマト、ケール、ブロッコリー、カリフラワー、シルバービート、ズッキーニを栽培するこの農場では、持続可能な農業実践、品質、鮮度、風味に重点を置いています。

ウェリントン・ポイントの農場マネージャー、エイドリアン・リンチ氏は「私たちはオープンしたその日からシロメットのイチゴを供給しており、レッドランズで最も象徴的な観光地の一つで私たちの農産物がメニューに掲載されることを誇りに思っています。」

同様の考えを持ったシロメットの最近総料理長に任命されたマシュー・フルフォード氏は、彼の料理に農産物を供給する人々や場所とのつながりを深め、食品をできるだけ自然な状態に近づけ、フードマイルを最小限に抑えて栽培することに情熱を注いでいます。 。

画像

「私たちの玄関先には、素晴らしい新鮮な地元の農産物が豊富にあります。私は食材を探したり、農産物を最高の方法で紹介する料理を作るのが大好きです。」マット・フルフォード氏はこう語った

レストラン ラーリーンの最先端のメニューは季節を中心としており、在来種や家宝 (あまり知られていない品種) を紹介し、料理ごとにおすすめのワインのペアリングを提供することで、その農産物の地理と原産地についてダイナーを教育し、ワイナリーの伝統を再認識させます。

画像

「ダイニング体験は単なる皿に盛られた食べ物以上のものから進化しており、消費者は自分の農産物がどこから来たのか、そしてそれが地元で生産され、可能な限り持続可能な方法で生産されていることを知りたいと思っています。」サイード・マット

「成長を見ようと農場を訪れる人が増えていることに気づきました。だからこそ店内に梱包エリアがあり、人々がその過程を見ることができるのです。」サイード・エイドリアン

昔ながらの方法で農業を行っているウェリントン ポイント農場では、現在 13 エーカーの土地で栽培が行われており、最高の味と収量を得るために季節に応じて作物をローテーションしています。少人数のチームが毎朝厳選し、主に施設内のショップから消費者に直接販売しています。

「私は特にイチゴを育てるのが大好きです。イチゴはみんなのお気に入りだからというだけでなく、誰かがおいしい採れたての農場産イチゴを味わったときの興奮を見るのが大好きなのです。」とエイドリアンさんは言いました。

画像

レストラン・ラーリーンズ・マットの現在のメニューでは、「ウェリントンポイントのイチゴとクリーム」というタイトルの料理で農園のイチゴを紹介しています。地元産のイチゴの美味しさを引き立たせる、シンプルでクラシックなペアリングです。

公開日  更新日